読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Movie Journal

映画と国内外ドラマの鑑賞録です。基本的にネタバレ。

シーサイドモーテル (60pt)

2010年 日本 ドラマ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


とある山奥のモーテル「シーサイドモーテル」に集まった男女の群像劇。群像劇というよりは各客室のお話が独立しているのでオムニバスに近いと思う。たまに絡んだり、絡まなかったり。そんなお話。

俳優陣が豪華ですね。
詐欺師まがいのセールスマンを演じる生田斗真、借金踏み倒して逃げてる男は山田孝之山田孝之を追うヤクザが玉山鉄二とイケメン揃い。コールガール役で麻生久美子。あとは古田新太温水洋一なんかも。なかなかの個性派揃いだなぁといった印象です。

モーテルの外観・内装も、日本風ではなくどこか外国風になっていて出てくる車はオールドカーなのかな? 登場人物たちの衣装も凝ってて、衣装や美術を楽しめました。なんというか無国籍でオシャレな感じ。
調べてみたらスタイリストが「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」などの申谷弘美でした。この人のスタイリングしてる映画好きなやつ多いです。

ストーリーは、一個一個が中途半端な印象がありました。各客室のお話が同時進行に展開するせいかな。登場人物たちのキャラが立っていたので分かりづらかったりややこしかったり、ということはありませんでしたが、結局何だったんだろう?と疑問が残る感じ。最後の後日談も不要だったかも?


豪華俳優陣に、素敵な世界観、目に楽しい映画でした。インテリアとかファッション好きな方におすすめ。あと舞台演劇っぽい感じもあったので、舞台演劇好きな方にもいいかもしれません。