読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Movie Journal

映画と国内外ドラマの鑑賞録です。基本的にネタバレ。

グレイズ・アナトミー S12 第2話 リーダーの資質

水曜 23:00~ WOWOW 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

S12 第2話 原題「WALKING TALL」

あらすじ

実習室での解剖実習中。メレディスが指導しています。

人の体には大きく分けて11の器官があって、それが全部同時に違うことをしてる。私たちの体が機能し生き続けるためには司令塔が必要、リーダーたる熟練者が。私たちの脳でその役目を果たしているのが下垂体。
人が寝ている時も休まず働き何が必要か感じ取る。下垂体は他のあらゆる内分泌期間と連絡を取り合って、体を機能させるのに不可欠なホルモンを生産する。おかげであらゆる事がきちんとスムーズに運ぶ。

つまり間違いなくいちばんキツイ仕事を担っているわけ。

 

ベイリーの外科部長初日

下垂体腫瘍の患者ジェイド

ベイリーは外科部長職初日。「今日って日を完璧な一日にしなきゃ」と張り切っています。ベイリーがこの病院では初めての女性の外科部長。今ではどの診療科もチーフは女性。トーレスがそれを「女の園」の比喩しますが、マギーにとってはその言葉はなんだか卑猥なイメージらしい。

ERに運び込まれたジェイドという女性。頭痛とかすみ目があって、職場で転倒し頭を打ったそうです。ベイリーは彼女が異常に背が高いことに目をつけ、下垂体腫瘍を見つけます。
ジェイドは下垂体の腫瘍に加えて、転倒時の怪我で脊椎がひとつ折れて手術が必要な状態でした。ベイリーがそう説明しますが、ジェイドは仕事に行かなきゃいけない、と言って聞き入れません。帰りたがるジェイドにベイリーは「私を信じてほしい」と4時間で治療プランを立てて、報告することを約束しました。

ベイリーは、エイブリー、トーレス、アメリア、マギーの4人を集め、腫瘍摘出と脊椎修復をして1週間以内にジェイドを退院させる治療計画を立てるよう指示します。4人は4時間じゃ到底無理だと反論しますが、ベイリーは「あなたたちは頭のいい優秀な外科医よ、不可能なんてない」と聞き入れませんでした。
4人は話し合いをしますが、いい治療プランが見つかりません。そこにやってきたメレディス。かなりベイリーの横暴ぶりに怒っているようでベイリーのことを「ナチ」と揶揄します。そういえばメレディスたちのインターン時代は、ベイリーのことをナチって呼んでたな。独裁者として君臨してたベイリーが復活したって。

そうこうしている間に4時間が経ち、ジェイドは勝手に病院を出て行こうとします。治療プランはまだ決まっておらず、そんな4人にベイリーは「指示したことは一つなのにたった一つのことも出来ない!もっと頑張りを期待してた、もっと本気出してちょうだい!」と怒ります。

ジョーがジェイドを引き止めた時、ジェイドはその場に倒れてしまいます。ジェイドはこの転倒で骨折していた脊椎が不安定になり、緊急オペを始めるとになりました。4人はそれぞれの考えを押し付けようとするだけでとっても険悪な雰囲気です。ベイリーはそんな4人の様子を見て自分が嫌われだしていることに気付きました。ジェイドは手術中に頸動脈を損傷し、出血が止まらなくなりますが4人はモメてばかり。ベイリーは見ていられなくなって見学室を去りました。その後、なんとかエイブリーが止血。

ウェーバーからの助言を受けたベイリーは、手術の終わった4人を訪ねます。腫瘍は全部取ったし脊椎の修復も完了。だけどジェイドは昏睡状態が長く続く恐れもあるし、まだ予断は許されない状態。疲れ切った4人にベイリーは「みんな本当に素晴らしい、私なんか今日は一日間違ったことばかりしでかした」「万一悪い結果に終わっても、それは私の責任。明日はもっと頑張る」と話しました。4人も納得したみたい。その後、ベイリーが回復を心配していたジェイドでしたが、無事に目を覚ましました。

 

ウェーバーの杞憂

ウェーバーはベイリーのためにサプライズの朝食会を開催しますが、朝食会場に現れたベイリーはさっさと出て行ってしまい、サプライズは失敗。
その後もウェーバーはベイリーに何か必要かと聞きますがあっさり断られてしまいます。ウェーバーはベイリーに部長経験者として助言をしたり励ましてあげたりしたいのに、ベイリーは何一つ頼んでこない。それが心配みたいです。

ジェイドの手術中の4人の様子を見て自分のやり方が間違っていたことに気付き打ちひしがれたベイリーが院内で呆然としていると、そこへウェーバーがやってきました。サプライズ朝食会で渡そうとしていたプレゼントを手渡します。それはベイリーの名前が刻印された聴診器でした。ウェーバーは自分が研修初日に手に入れた聴診器を受け継ぎたかったみたい。
そこでベイリーに助言をし励ましました。ここで「持久走で記録を破らせたかったら後ろから煽って逃げたいと思われるような存在になっちゃいかん。皆が駆け込んでくるゴールになれ。」というウェーバーのセリフが良かったです。ベイリーもやっとどうすればよかったのか分かったみたい。

 

てんてこ舞いのメレディス

 メレディスはベイリーの患者をすべて任され、解剖学の授業もあるし、忙しすぎててんてこ舞いです。ステファニーを助手にして、なんとか予定をこなすメレディスでしたがベイリーに患者の報告をしようとしたのに聞いてもらえず、怒ってしまいます。

しばらくして、ベイリーが再びメレディスに虫垂炎の急患のオペを頼みます。そしてうんざりしていたメレディスに「あなたならやれると思うわ」「ウェーバーオーウェンが部長だった時、彼らは私がいたから楽が出来た。私にもそんな人が必要。だから私になって」「あんたはカオスの海のど真ん中の静けさ。出会ったときからそうだった。あんだが必要」とメレディスを一般外科のチーフに任命しました。

 

 

隔離されたケプナー

ケプナ―の背中に発疹が見つかり、感染症を疑われたケプナーは隔離室に入れられてしまいます。エイブリーが検査の結果を知らせに来ました。ケプナーは今後のことを話し合いたいのですが、エイブリーは聞く耳を持ちません。

アリゾナ、ウェーバーオーウェンがそれぞれケプナーの隔離室を愚痴なのか相談なのかよくわからないことを一方的に話しては去っていきます。

ケプナーは手術中のエイブリーを緊急呼び出し。何か起きたのかと慌ててやってきたエイブリーにケプナーは「話し合いましょう」と言いますが、やはりエイブリーは話を聞こうとしません。「二人で助け合ってなんとか抜け出さなきゃ、二人で頑張るしかない、闘い抜く」と説得するケプナーですが、エイブリーは「闘う価値があるのかどうかもわからない」と言って去ってしまいます。

その後再びエイブリーが隔離室を訪れ、ケプナーに検査結果を伝えます。接触皮膚炎で感染症の心配はないから隔離室から出ても良いという結果でした。ケプナーは再びエイブリーに「私たちは闘う価値のある夫婦よ」「あなたをあまりに愛してるから、だから戦う、そして勝つ!」と言いますがエイブリーの気持ちは変わらず、やっぱり話し合いたくはないみたい。

 

 

アメリアとオーウェン

アメリアはトーレス「仲のいい友達だけど、その人と年がら年中寝たいって思うことある?」と相談。トーレス「あるわよ、その結果がソフィア」と笑っていました。今は亡きスローンのこと言ってたんだね。ちょっとほっこり。

オーウェンは、キスもしたしデートにも誘ったのに突然今日一日目も合わせてくれなくなったアメリアの気持ちが全然わからず困惑。隔離室のケプナーに相談しますが「シェパードに聞いて!」と追い返されてしまいます。

1日の終わりにエレベーターで出会ったアメリアとオーウェンオーウェン「目も合わせてくれないのはなぜなんだ」とアメリアに聞きます。アメリアは「話し合えない、話すとキスし始める。どうしたいのかわかんない」と答えます。オーウェン「二人でじっくり話し合おう」と言ってやっぱりキスし始めるのでした。やっぱりこの二人いい感じだね。

 

 

トーレスに新恋人

トーレスは新しい女性と出会ったようです。ベイリーのサプライズ朝食会場でも「初めて会った気がしない」とか言って皆にのろけて回ってます。
仕事が終わって帰ろうとしているトーレスをアリゾナが見つけ、自分には遠慮せずなんでも話してほしいと伝えます。トーレスはそう言われて「いい子なんだ面白くて切れ者」「まるで脳をシェアしてるみたい、あなたもきっと気に入るわ」とのろけが止まりません。アリゾナはちょっと呆れた様子。

 

 

冒頭の実習中の場面に戻り、メレディスの言葉でシメ。

手足は体を支え、肺は呼吸をし、心臓は鼓動する。だけどそのためには脳が必要。強いリーダーがいなきゃ事がうまく運ばない。単純なこと。脳が仕事をすれば体は従う。脳はすべてをまとめる。まさにボス。

 

小ネタ

  • レックスとジョーの家はすごく治安の悪い地区にあるらしい。
  • メレディスを手伝っていたステファニーの隠し技は「部長の患者だから」と言って皆に融通を効かせてもらうこと。

 

挿入歌

今回は終盤にテイラー・スウィフトの「Shake It Off」のカバーが使われていたのが印象的でした。演奏しているアーティストはUs The Duo。


Us The Duo - Shake It Off (Taylor Swift Cover)

 

 

感想

外科部長になったベイリーの初日のお話でした。奮闘するベイリーの姿や、それを心配するウェーバーの姿勢がとっても良かった。こんな風に見守ってくれる先輩がいるってとっても素晴らしいことですよね。

そして今回なんとメレディスが一般外科のチーフに任命されました! アリゾナ、トーレス、マギー、アメリアに続いてメレディスもついにチーフ。シーズン1でインターン初日だったメレディスがついにチーフ…なんか感慨深いです。ヤンがいたら心臓外科のチーフだったのかなぁなんて思ったり。(ヤン元気にしてるのかなぁ)