読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Movie Journal

映画と国内外ドラマの鑑賞録です。基本的にネタバレ。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド (60pt)

2015年 日本 SF

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

前編を見たので惰性で後編も見てみました。これを見る直前にアニメ劇場版を2作見たので、やっぱり全然違うものだなぁと。
人間対巨人というこの作品のテーマがすっかり消えて、人間対人間みたいな構図が出来上がってましたね。対大勢みたいな。ストーリーはまあ全然違うものと理解して見れば理解はできるかなといった感じ。

特撮も工夫されているようで、頑張った感はありました。ウルトラマンの怪獣どうしが戦ってるような印象でしたけどね。
残念だったのが人間のアクション場面ですね。立体機動装置特有の疾走感が全然描ききれてなかったしモタついた感じがしました。巨人の背中を三浦春馬が「登山してる」みたいな描写もはっきり言っていらんかったと思う。アニメ見た後だったので余計にそう思ったのかもしれませんけどね。原作がアニメ化された時に感じたあの躍動感とか疾走感はかなり衝撃的で、それを実写にも期待していた部分はあると思います。

あんまりやな。